ウェディングプランナーの見つけ方次第で式が変わる

親友との絆を深められる

パーティー

感動の舞台への期待

結婚することが決まったときには結婚式の後に行う二次会のことも考える必要があります。場合によっては新郎新婦が全部セッティングを行うという場合もありますが、通常は新郎と新婦のそれぞれの友人などを幹事にして用意をしてもらうことになるでしょう。新郎新婦の立場からすると大切な友人に負担をかけてしまわないかと不安になる場合もありますが、これは互いにとってメリットのある方法なのです。確かに二次会の幹事を行うのは結婚式のセッティングをするのと変わらないほど大変なことですが、新郎新婦が結婚式を素晴らしいものにしたいと思うのと同じくらいに幹事も二次会を最高のものにしようとしてくれるでしょう。そのためには新郎新婦との打ち合わせも重要になり、どのような好みを持っているのか、何を期待しているのかというのを親友の立場からよく考えてくれます。その結果として親友との絆も深まっていき、それまで培ってきた関係以上に深い仲になっていくことができるでしょう。これは新郎新婦にとっても親友にとってもかけがえのないものになります。一方、結婚式の二次会は新郎新婦にとって一生の記念に残るものであり、少しでも良いものにして欲しいという願いがあるはずです。それを叶えてくれる可能性が最も高いのが親友であり、古くからよく自分のことを理解してくれているからこその感動の舞台を作り上げてくれるでしょう。幹事をお願いするときにはその期待も込めて行うのが大切です。